FC2ブログ

「ゼロではない」

「可能性ゼロではない」口癖が生んだ誤解 注水中断問題

・・・問われ、「再臨界の可能性はゼロではない」と答えたとされる。「だいたいそういう時、口癖として『可能性はゼロではない』と言うんです」と・・・


これ、結果的に起こったという誤解はもちろん良くないことなのでしょうけど、口癖というのは、気持ち的にはなんか分かる気もします・・・。

正確さを重視すればするほど、ゼロと非ゼロの違いが、非常に大きく感じられるので、ゼロとはなかなか断言できないんですよね。。

ところが、反対に、人によっては、ゼロではないなら1じゃん、というようなことになって、誤解が生まれるのかもしれません。。

今日は打ち合わせに行ってきましたが、省みると、自分も似たような慎重すぎる回答をしてなかったか・・・。

その可能性もゼロではないのが、やや気になるところです・・・(^^;)。

コメント

No title

>慎重すぎる回答
 仕事を受けるときなど、ついついですよね。
 そう簡単に「出来ます」とは言いにくい。
 「まぁなんとかなるでしょう」とはまさか言えないし(爆)
 「キャストオフしておきます」・・・なんのこっちゃ(^^;

Re: No title

> >慎重すぎる回答
>  仕事を受けるときなど、ついついですよね。
>  そう簡単に「出来ます」とは言いにくい。
>  「まぁなんとかなるでしょう」とはまさか言えないし(爆)

(笑)「最善を尽くします」も・・・よっぽど売り手市場でない限り、NGでしょうね。。

>  「キャストオフしておきます」・・・なんのこっちゃ(^^;
(笑)
他にも、「ベストエフォートで」「不測の事態が起こらない限り」「順調にいけば」とか・・・。
やっぱり、正確を喫することは大事ですよね(^^;)

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)