FC2ブログ

校正のお仕事

最近、さまざまな関連で、さまざまな作業をすることがあります・・・。

今日はちょっと珍しく、「文章の校正」というのがありました。

つまり、プログラムではなく、普通の文章の、誤字脱字等を発見するというものです。

思ったのですが・・・プログラマほど、この校正作業が内職としてぴったりな職業はないのかもしれません(^^;)

なにせ、.(ドット)一個でプログラムに不具合が生じるわけですから、自然言語の瑕疵を見つけるのは、それほど苦にならないわけで・・・。

30分ほどでいくつか「バグ」を見つけ、無事終了。

これだけ他の方の文章に対して厳密になれるのであれば、私自身の文章には誤字脱字がなくてもよさそうなものですが、決してそういうわけではないのが、残念なところです(^^;)。

コメント

No title

 自分も取説を書く事があるんですが、プログラムを書くのに比べると気楽で良いですよね。
 なにせ間違ってても人間は暴走しないし(^^;

 で、取説は一太郎で書いてますが、一太郎には文章の校正機能が有って、かなり助かります。
 例えば「出来る」を「できる」と書いたりしてると、統一してない部分を自動的に探してくれます。
 「、」や「。」の位置も注意が出るし、数学のルート記号や分数なんかもそのまま書けるし、アウトラインモードで自動で目次が作れるし。
 それより何より良いのが、数百ページの文章を書いても重くならない。これが良いです・・・Wordが使えなくなりますっけ。

>プログラマほど、この校正作業が内職としてぴったりな職業はないのかもし
>れません
 ホント、そう思います。
 なにせ小姑みたいなうるささを持ち合わせてますからねぇ(^^;

Re: No title

そうなんですかー、一太郎は昔使ったことがあるんですが、
また使って見たくなりました。

Wordは確かに重くなってきますよね。
仕様書とか、Word使わずに
エクセルで書く人も結構おられますし・・・(^^;)。

> >プログラマほど、この校正作業が内職としてぴったりな職業はないのかもし
> >れません
>  ホント、そう思います。
>  なにせ小姑みたいなうるささを持ち合わせてますからねぇ(^^;

(笑)
確かにプログラマがあまり校正の「感度」を上げすぎると、
さまざまな軋轢を生みかねないですよね(^^;)

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)