FC2ブログ

ドル円は関が原?!

ドル円は結局100円を突破することなく、
昨日のNYと今日の東京の株安をうけて急落しました。
現時点で昨日より70銭円高の97円27銭です。

ただ、これで一昨日の予想が当たった、などとは全然いえません。
株安に加え、今晩のアメリカ雇用統計(先月2月の失業率など)を控え、
様子見ムードのポジション調整が入るのは当然です。

むしろ、これほどの状況にそぐわないほど、下げ幅が小さいという印象です。
雇用統計がでたら、さっそく、ドルの「押し目」買いを目論んでいる方も
多いのではないかと思います。

今のドル円相場は、関が原の戦いのようなものかもしれません。(^^;)
東軍が円で、西軍がドルです。(逆でもいいわけですが)
それぞれに支持者がいて戦(売り買い)しています。

ここしばらく西軍が圧倒的に有利でしたが、100円付近で
オプションがらみの売り?やポジション調整に遭い、やむなく撤退。
ここで今両軍は膠着状態に陥っています。

そして今、小早川が陣どる松尾山よろしく、
両軍が仰ぎ見るのは、今晩の雇用統計です。
この指標がどちらにお味方するのか、そしてそれがどう影響するのか、
恐らくだれにも確かなことは分かりません。

アメリカの失業率は前回、7.6%でした。
今回の市場予想では、7.9%と、悪化が見込まれています。
そして、他の指標とくらべ、この時期の、アメリカ雇用統計の
きわだった特徴は、たとえ市場予想通りでも、数字自体が悪いと、
織り込まずにショックになることがあるという点だと思います。

ただ、今回の場合、そのショックが起こったとしても、
ドルと円のどちらに軍配があがるのか、どうも読みにくいです。
どちらもリスク回避通貨と目されており、今の変なトレンドでは、
ドルの方が安全に思われている?ので、雇用が悪化でもドルが
買われる可能性がある一方、GDP後の円がそうであったように、
「流石にこれはひどい」ということで、再び円買いに
ひっくり返るかもしれないからです。
(私はいちおう後者を予想していますが自信ないです。^^;)

全力でどちらかにつけば、勝てば大きな「褒賞」が得られますが、
負けた場合は大変です。ゆえに、FXなどで為替やってる方は、
関が原当時の諸侯や庶民の大部分がそうであったように、
ここは危険な賭け戦を手控えて戦況を見守り、買った方の通貨に
週明けからつくのが、得策なのかもしれません。(^^;)

コメント

No title

作者さん歴史詳しいですね。
私は歴史問題全然知らなかったので留学してたときは、韓国人や中国人にひんしゅくを買いましたね。

No title

私は日本史は年号を覚えるのが苦手でした。。(^^;)

さて、昨夜の米雇用統計は失業率8.1%ということで、
予想通り、予想より悪かった感じですね。(^^;)
しかし、ドルは騰がりました。
上記記事で書いた、今までのトレンドを
踏襲した押し目買いと思われます。

これはもうオバマ期待というか、景気対策への
政府の姿勢(少なくともイメージ)の違いを反映しているのでしょう。
いわば円は格下げになったのでしょうね。

とはいうものの、決着がついたというほどではありませんし、
このドル円の位置関係は、いつひっくり返っても
おかしくない地合いだと思いますから、
引き続き注意が必要だと思います。(^^;)

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)