FC2ブログ

魅力的な方言

どうも私だけではないようですが・・・。

「龍馬伝」は終わってしまいましたが、思わぬところで影響が残っています。。

それは「土佐弁」が頭からなかなか抜けないのです。

この間、話をしていたとき、うっかり「おまんはなにをしゆうがじゃ?」というようなことを言ってしまいました。(^^;)

他にも「いかんぜよ」「するがじゃ」「どうひて」「~じゃき」などなど・・・。

まるで美味い豚骨ラーメンのスープのように、やみつきになっています。。(^^;)

そこにきて、今度は「坂の上の雲」。

そう、松山弁(?)です。(^^;)

いま、私の言語には、新たに、「~ぞな」「~ぞなもし?」「だんだん」などが粘着しつつあります。。

さらにここにきて、今度は渡哲也さんの薩摩弁(「おいは」「ばってん」「ごわす」など)が染みてきました(^^;)

こういうモノマネって、本場の方には眉をしかめられてしまうかもしれませんね。。

でも、「じゃん」以外、これといった方言?のない浜っ子にとって、こういう「濃いい方言」は、なんか魅力的なのです。。

まあ、大事な電話中にうっかり話したりしないよう、ほどほどにしたいと思います。(^^;)

コメント

No title

 「じゃん」は横浜でしたか。
 自分も「じゃん」を使うんだけど、これって母親から移ってきたようです。
 いつから使ってるのか分からないけど、母親の母親が横浜出身だったそうな・・・横浜小町と呼ばれてたそうな・・ホントかいな(^^;

 岩手に住んで何十年になるけど、いまだに岩手弁が使えず。
 ちゅうか岩手弁を覚えようとしない、覚えたくもない(笑)
 やっぱり方言は関西方面が良いですね。

No title

>横浜小町

おおーー凄いですね!

「じゃん」は結構広く使われていますよね。
中の人としては、特に横浜で多く使われてはいないような気もするんですが、客観的には多用しているようで、名古屋のニャーみたいなものかもしれませんね。(^^;)

私の母は新潟人ですが、雪国の方言も
温かみがあって良いと思いますよ~(^^)

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)