FC2ブログ

奇跡の救出

チリ落盤事故は33人全員の救出完了、奇跡の生還に賛辞集まる


いやーーー、このチリ鉱山全員救出のニュースはほんと、嬉しくて仕方ありません。。

ところで、むろん、適当な比較ではありませんが、ふと連想した出来事があります:

1925年1月、アメリカはケンタッキー州で、洞窟探検家のフロイド・コリンズという人が、探検中の洞窟で岩に足を挟まれて動けなくなってしまう事件がありました。

彼は翌日に発見され、数日間は食べ物等を受け取ることができたのですが、その後入り口が崩落して補給が途絶、声しか聞こえない状態になってしまったそうです。

この事故と、その救難活動は、全米、そして世界中の関心の的となり、連日連夜、史上空前の報道体制がとられましたが、コリンズ氏の救出は、困難を極めました。

彼は洞窟の入り口からわずか50mほど進んだ場所のところにいたのですが、崩落後、二次災害を恐れた救助隊は、入り口からの救助を断念、代わりに遭難場所までの縦穴を掘ることになりました。

地上からコリンズ氏までの深さは、わずか17mほどだったそうです。

しかし・・・残念ながら、救出はタッチの差で、失敗に終わってしまいました。縦穴がコリンズ氏のそばまで到達したのは、遭難から18日目、彼の死亡推定日からは3~4日後のことであったそうです・・・。
[出典]

・・・それが、85年後の今では、どうでしょう!

もちろん、遭難状況の違いはかなりあるとはえ、それでも、地下700mに取り残された33人の心身の健康を保ちながら、わずか2ヶ月ほどで幅70cmの縦穴を掘り、そして2日もたたないうちに、一人残らず救出することが出来たのですから、これは奇跡であるとともに、人類の進歩の、まがいもない証でしょうね!

いやーーー、ほんとに、良かったです!!(^^)。

コメント

No title

嬉しいですね~(^^)
地球の裏側の出来事ですが、世界中の皆が幸せになりましたね。

ATOK Pad買いましたよ。
メモアプリなので、Safariとかには対応してないみたいですけどね。
非常に書きやすいアプリとなっています。

No title

>人類の進歩の、まがいもない証でしょうね!
 言われてみれば確かに!
 宇宙開発や新素材などもきっと役に立ったんだろうと思います。
 気が付かないけど、間違いなく進歩してるんですね。

Re: No title

>日本語化さん

そういえばほぼ裏側なんですよね~。
どんどん掘っていくと日本に抜ける、なんて・・・。(^^;)

>Qちゃんさん

むむ、日本語化さんですか??

ジャストシステムもばりばり
iOS開発に参入してるのですか~。
メモアプリは結構重宝しますよね!

>Mooさん

>  宇宙開発や新素材などもきっと役に立ったんだろうと思います。
>  気が付かないけど、間違いなく進歩してるんですね。

下着は日本製だったとも聞きますし、
衣食住細かなところにも大きな進歩がありますよね~。

穴掘りのプロが終結するというのは、ちょっと、
映画「アルマゲドン」を思い出しました(^^;)

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)