FC2ブログ

3D GamestuidoとUnity

 3Dも多くのライブラリがでていますが、
 一定以上の要求値をこなす必要がある場合は、
 有料の開発環境の方が楽できることが多いと思います。

 ここでは、比較的ライセンス料が安価で、私が注目している、
 「3D Gamestudio」と「Unity」について、簡単にふれたいと思います。

 どちらも基本はゲーム開発環境ですが、ゲームの方が一般に複雑なので、
 その他の3Dアプリケーションにももちろん、応用できると思います。

 3D Gamestudio

  私はDirectX(Windows専用アプリ)の場合は、かなり以前から、
  3D Gamestudioという開発環境を使用しています。

  レデューサー(ポリゴン数を減らすソフト)やコンバータ
  作ったりなどなど、個人的にもとても縁が深いので、
  この機会に紹介します(^^;)
  http://www.conitec.com/english/gstudio/
  
  基本はC言語で書きますが、C#やDelphiでも・・・書けます。
  そう・・・Delphi用のSDKが揃っているのが、
  私的にもポイント高いのです(^^)

 Unity

  ・・・もっとも、私は使ったことがないのですが、
  最近では、このUnityという開発環境の方が、
  人気があるようです・・・。
  http://unity3d.com/
 
  未確認ですが、UnityはDirectXとOpenGLの両方をサポートしているようで、
  WindowsとMacに対応、Web化もできるようです。
  さらに、iPhoneやAndroidなどの携帯端末にも対応できるようですし、
  Wiiのようなコンシューマ機へのPublishにも言及があるようで、
  Webの紹介を見る限りでは、かなり良さそうな感じです。

いずれにしてもこの2つは、今でも発展段階なようなので、今後も注目しています!

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)