FC2ブログ

トウモロコシの人工受粉

昨日の朝、ちょっと驚かされた事がありました。

畑に行く前に、Mooさんからトウモロコシの人工受粉についてコメントを頂きましたので、さっそく方法をネットで調べていました。

その直後、NHK教育の「やさいの時間」を見たら、いきなり人工受粉の解説!

そして、畑にいってみると、

まさにタイムリーではありませんか!

すごい偶然の一致・・・。

さっそく、人工受粉を実施しました。

ところで、Webでは、てっぺんにあるススキの穂のような雄花を切って、写真のような雌花にふれさせ、花粉をつける方法を紹介していましたが、「やさいの時間」では、雄花を揺らして花粉を落とすだけ・・・。

どちらが良いかと迷いました。花粉をつけるという意味では、前者は後者より遥かに効果的なものの、雄花を切り取ってしまうだけに、タイミングを間違うと大変です。。

結局、雄花の一部を切り取って雌花につけ、その後、残った雄花をたたいて花粉を出しておくという、「折衷案」に落ち着きました(^^;)

ハクビシンも心配ですが、まずは実って欲しいと思います。

コメント

No title

>「折衷案」
 同じくです。
 ついでに折った雄しべをヒゲの上に載せておきました。

 こちらも秘伝の花が咲きました。
 ここから先がまだまだ長いんだなこれが。
 ほんにじれます(^^;

Re: No title

> >「折衷案」
>  同じくです。
>  ついでに折った雄しべをヒゲの上に載せておきました。

おお~同じでしたか!
受粉が実の出来を左右するそうなので大事ですよね。
メイガの幼虫とやらが気になります。。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1312088533

>  こちらも秘伝の花が咲きました。
>  ここから先がまだまだ長いんだなこれが。
>  ほんにじれます(^^;

先が長いのですかー、さすが晩生品種!
じっくり時間をかけて育った
枝豆というのも楽しみですね~!

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)