FC2ブログ

C・イーストウッド特集

今日は久々の完全なお休みとあって、
一日中だらだらしていました(汗)。

私の場合、これは即ち、映画を見ることを指していることがほとんど(^^;)。

WOWOWでC・イーストウッド特集をやってましたので、
異例の「3本立て」をやらかしてしまいました。。。

「ダーティー・ハリー」「ガントレット」「ファイヤーフォックス」です。

この3本の中で一番はやっぱり「ダーティ・ハリー」ですね。
ていうかもう何回見たのでしょう。。
まさに不朽の作品ですね。

続いて「ガントレット」をみると、まるでキャラハン刑事の
別のその後(本編は2、3、4、5、と続くわけですが)
のように見えて面白かったです。

それにあの徹底した「蜂の巣」ぶり・・・これは今となっては
実写ではもうできないんじゃないかと思うほどの迫力でした。
(しかし・・・あのバスは少し頑丈すぎるような・・・^^;)

「ファイヤーフォックス」・・・これは基本的に、
冷戦時代を描いた映画なので、今見ると、「ハイテク」として
紹介されている部分が、さすがにちょっときついなあーという気もします。。
でもたぶん公開当時は凄い先進的な内容だったんだろうでしょうね。

いずれにしてもC・イーストウッド、いいですねえ~。
「グラン・トリノ」も、まだみていないのでみたいですね。(^^)

コメント

No title

>ファイヤーフォックス
 ロシア語で考えないと(笑)

No title

ダーティーハリー3(だったかな?)が面白いですね。

外人って基本的に彫りが深くてハンサムが多いと思うんですが、ハリウッドスターってどうやって選ばれてるんでしょうね。日本は枕営業ばっかりですね。

Re: No title

>Mooさん

そうそうあれです(^^)>ロシア語で考える
でも最近脚光を浴びている脳波UIとかみると、
なかなか先見の明がある作品かもしれませんね(^^)。

>山地さん

しばしば引用される法則によれば、ハリウッドの営業といえば、、
ひたすら電話を待つことなのかな~と思いますが、
実際はもちろん積極的に営業しないといけないなのでしょうね。。(^^;)

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)