FC2ブログ

シンボリックリンクへのWEBアクセスで403になったら

今日はかなりベーシックなことでハマってしまいました・・・。

Linuxサーバ上でシンボリックリンクを作り、
WEBアクセスしたときにリンク先をたどって
見れるような構成で作業していたのですが、
シンボリックリンクを作り直すと、403(Forbidden)になってしまったのです。

シェル上では辿れるので、リンクの作り間違いではありません。
パーミッションもOK。

他の同様のリンクは辿れるので、FollowSymLinksなど、
httpd.confまわりでもなさそう・・・。

そこで試しにググってみたら、結構ポピュラーな症状のようですが、
夜も更けてきて焦っているせいか、ジャストミートな解決策は
なかなか見つかりませんでした・・・。

なんでこんなことではまるのか・・・。(TT)

しかし、焦れば焦るほど解決しなさそうに思えてきましたので、
冷静になって考えて見れば、うまくいくリンクとそうでないのがあるので、
それを比較すればよいという、しごく単純なことに思い当たりました。(^^;)

そこで徹底比較してみると、オーナー情報(ファイルの所有者)が違っていました。
これ、設定などによっては(?)、リンク元とリンク先の
オーナ情報が一致していないと403になるんですね。

そこでさっそくchownし、オーナー情報を一致させたら・・・
無事解決しました。

ちなみに、シンボリックリンク自体をchownするときは、
多くの場合、-hをつける必要があるようですね。
これをしないとリンク先をchownしてしまうことが多いと思われます・・・。

以上、ハマり&二次災害防止用のちょっとしたメモでした(^^;)。

コメント

No title

>夜も更けてきて焦っているせいか
 その感覚、分かります。

 ICEでは動くのに、ROM化すると動かない。
 客は机の向かい側で待ってるし、動いたら装置に組み込もうと何人も待ってるし、梱包・発送するための係も待ってるし、夜は更けていくし・・・

 気持ちが落ち着いてないから、当たり前の手順を忘れ、余計な部分ばっかり追いかけてしまう。
 原因はReleaseバージョン生成時のオプション設定不足。

 いやな仕事ですね~
 今思い出すだけでも食欲が消えていく(^^;

Re: No title

>相手が目の前で待っている

これ一番焦りますよねーーー。

昨日はネットの向うで待っていましたが、
客先で動かないともう頭が真っ白になりかかかります(^^;)

私が「あれっ?あれっ??」とかいう中、
だんだんに不気味な沈黙が・・・。(^^;;)

そんな時フォローしてくれる人は素晴らしいですよね(^^)

No title

>だんだんに不気味な沈黙が・・・
 ぞぞぞ~(笑)

No title

私:「あれっ?あれれ?」

お客さま一同:「・・・・・・」

私:「おかしいな、うちのIEでは確かに動いてたんですよこれ」

お客さま一同:「・・・・・・」

私:「ははァー、これIEのバージョン、6とかじゃないですか?」

(その場でヘルプを開け、IE8と分かる)

お客さま一同:「・・・・・・」

(^^;)

No title

 この手のことを臨場感豊に書くのは止めましょう・・・胸焼けしそう(^^;
 

Re: No title

私も書きながら鳥肌が・・・。(^^;)

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)