FC2ブログ

例の基板

例の一昨日の記事の基板ですが、
あまりに珍しい?ので、記念に写真を(差し支えない程度に)
掲載しておきたいと思います。

ちなみに基板は片面のプリント基板で、とても薄い(1mmほど)です。

まず部品面ですが、こんな感じです:
20100429_1.jpg
どうでしょう。ちょっとピンボケしてしまってますが、
特筆すべき点を挙げたいと思います:

まず目を引くのは、右下のコイルです。
ここまで簡素なつくりのコイルは、今となっては、
秋葉原中を探しても見つけることは非常に困難かもしれません。

次に、この茶色のまるっこくてでかいコンデンサ。
懐かしいではありませんか。
104とありますが、この容量だと、今だったら間違いなくチップ部品か、
さもなくばもっと小さい積層セラミックコンデンサでしょう。

それから、この抵抗類・・・ほとんどが昔ながらの通常サイズの
炭素皮膜だと思われますが、実装のしかたがとってもリズミカルです。
写真にはよく写っていませんが、縦に実装しているものもあり、
嬉しくなってしまいました。

右の方にあるでかい抵抗(かコイル?)も、
すばらしいアクセントとなっています。

極め付きは左の方にある「C15」です。
これは一体どうしたことでしょう?
実装されていないようですが、
なにか意味があるのでしょうか・・・。

魅惑の半田面もご紹介します:

どうでしょう。実に気前の良い盛り方をしています。
(昨今は鉛が高騰しているらしいですが、鉛フリーだったら驚きです。)

左下にある線状のキズは、例の、ショートの補修痕と思われるものです。

不鮮明ですが、右上にはICの半田面があるのですが、
使用していないと思われるピンが数本、
半田づけもされないまま、基板の穴を貫通しています・・・・・・。

・・・・・・・・・

うーん、これは本当に、21世紀の工業製品なのか・・・。(TT)

最初は冗談めかして書いていましたが、
だんだん気持ちが沈んできましたので、
ここまでにしておきます(^^;)

コメント

No title

 こりゃすごいや。
 トランジスタが世の中に出回り始めた頃の部品類じゃないですか。
 一体どこの国で作ってるんだろ・・・

>使用していないと思われるピンが数本、
>半田づけもされないまま、基板の穴を貫通しています
 ICは使わない足はほっとけば良いんです。面倒くさい(笑)

>極め付きは左の方にある「C15」です。
 極性を逆にして付けてしまいパンクさせたのかも・・誰だ(^^;

 これ、まさかベークライト基盤に緑色のソルダーレジストだったりしないですよね?
 さすがにそれは無いか(笑)

Re: No title

>  こりゃすごいや。
>  トランジスタが世の中に出回り始めた頃の部品類じゃないですか。
>  一体どこの国で作ってるんだろ・・・

思ったんですが、これ、ひょっとしたら、
リサイクル部品を使ってるとかいうことは・・・。(^^;)
というのも、どうも、同じ104のコンデンサでも、
微妙に違うようなのです。
こういうのって普通ないですよね・・・。

>  極性を逆にして付けてしまいパンクさせたのかも・・誰だ(^^;

うひひ・・・。(^^;)

そうか、もしかしたらここを実装すれば直る!
ということはないか・・・。

>  これ、まさかベークライト基盤に緑色のソルダーレジストだったりしないですよね?
>  さすがにそれは無いか(笑)

不可能を可能にする基板なので、ありえるかもしれません。。。(笑)
ガラスエポキシではないような気がします。
紙フェノール??

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)