FC2ブログ

20万ドルで宇宙旅行

宇宙旅客機「スペースシップ・ツー」が初の試験飛行、米

【3月23日 AFP】民間宇宙旅行の商業化を目指すヴァージン・ギャラクティック(Virgin Galactic)は22日、米カリフォルニア(California)州で、宇宙旅客機「スペースシップ・ツー(SpaceshipTwo、SS2)」初の試験飛行を行った。

 同社のリチャード・ブランソン(Richard Branson)社長が発案した6人乗りのスペースシップ・ツーの1号機「VSSエンタープライズ(VSS Enterprise)」は、母船の「ホワイトナイト・ツー(White Knight Two、WK2)」につり下げられた状態で飛び立った。

...母船WK2と宇宙旅行船SS2が結合した状態での初めての試験飛行が「成功した」と述べた。


ついにこういう時代がきましたかー。

こうやって翼で宇宙に行くというのは、ロケットで打ち上げるよりも効率的なのでしょうね。

そのためか、

 ヴァージン・ギャラクティック社は、世界初の民間宇宙旅行会社を目指しており、2010~2011年に試験飛行を行う予定。旅費は1人あたり20万ドル(約1800万円)で提供する。


1800万円!うーん、でもどこかの富豪とかがソユーズで行っていた宇宙旅行は確か億円単位かかっていたと思いますので、破格というべきかもしれません。

一般の人でも、よっぽど好きだったら、マイホームを諦めるか、ちょっと狭くしてでも、一生に一度の宇宙旅行をしたいと思うかもしれませんね。(そのころはもっと安くなっているかもしれませんが・・・。)

それにしても、水平に16キロいくのには電車賃200円程度のところが、上空16キロのところに到達するだけで1800万円というわけで、引力に逆らうのは大変なものなのですね(^^;)。

コメント

No title

 ロケットって燃料を打ち上げるために燃料を使ってるって雰囲気ですよね。
 ロケットの重さの90%が燃料で、残りの9%は燃料の入れ物で、実際に宇宙に出したい物は1%とか・・・そんな感じします。
 もし地球上に一カ所でも重力の無い場所があったら・・・一坪幾らするだろ?(笑)

Re: No title

>  ロケットって燃料を打ち上げるために燃料を使ってるって雰囲気ですよね。
>  ロケットの重さの90%が燃料で、残りの9%は燃料の入れ物で、実際に宇宙に出したい物は1%とか・・・そんな感じします。

そうですよね~。
燃料と飛行の関係でいえば、降下の方ですが、
月着陸船ゲームを思い出しました。
検索したらこんなJAVAゲームが!
http://www.moonsystem.to/game/index.html
(^^;)

>  もし地球上に一カ所でも重力の無い場所があったら・・・一坪幾らするだろ?(笑)

宇宙エレベーターの建設地にうってつけですね!
あまりに貴重すぎて私有が認められず、
国連の管理になってしまうかもしれません・・・(^^;)。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)