FC2ブログ

電子書籍について

好調「Kindle」の死角
電子書籍リーダーとして現在一人勝ち状態のKindle。nookの出荷が本格化し、iPadの登場も控えて競争が激化する米国電子書籍事情を紹介する。
 Amazon.comの「Kindle」大成功したのを受け、米国では電子書籍市場が盛り上がりを見せている。2009年の年末商戦期間に在庫切れとなっていたBarnes & Nobleの「nook」も再び店頭に姿を現し、電子書籍リーダー機能を備えた「iPad」の発売も間近に迫るなど、デバイスの選択肢も増えつつある。


私の周囲を見回しても、この電子書籍への注目度は非常に高いものがあるようで、今後デバイスが発展するにつれ、新たな情報革命へと発展するかもしれませんね。

しかしながら、頭ではわかっていても、私はこの電子書籍というものが、紙の書籍に取って代わるというのが、どうも馴染めない気もするのです・・・。

iPhoneを見ていると明らかに目が疲れるのは、恐らく解像度の問題や、画面自体が発光しているからだと思います。でも、たとえこういった現行のデバイスの問題が改善し、見かけ上の全ての要素が紙の印字と同様になったとしても、やっぱりどうも物足りない気がすると思うのですよね・・・。

理由を考えてみたのですが、この欠如感は、電子書籍の本質である、「動的に表示される」というところからくるのではないかと思います。紙の本だと、そこに印刷されている内容は、その本がある限り手元に残っているわけですが、動的に表示される電子書籍は、様々な要因で、それが失われる可能性があるわけで、それがなんとなく物足りないのですよね・・・。

そうはいっても、これはもしかしたら、CDが登場したときレコードと比較して感じた物足りなさぐらいのものなのかもしれませんので、いずれ慣れてしまうのかもしれません。

それでもなお、文学小説などは、本の時代に読んでおいて本当に良かったと思う懐古さが出てきたこの頃です(^^;)。

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)