FC2ブログ

IE8のIE7モード

今日は終業間近に思わぬデバッグの依頼が来てちょっと大変でした。。

他の方が作った、よくある、ブログの編集画面なんかにあるようなリッチな編集コントロールがありました。カーソル位置を覚えておいて、そこに半自動で作ったタグなどを挿入してあげたり、選択範囲のテキストをタグで囲んであげたりするようなものです。

それの挙動がおかしいので直してくれというものでした。

早速IE6で診てみたのですが、特におかしいところは見当たりません。FireFoxでもIE7でも同じ・・・。でも先方のところでは明らかにおかしな現象が発生しています。

具体的には、なんていうか、テキストエリアに文章が入っており、スクロールバーが下がっているときに、カーソルを移そうと思って文章をクリックすると、スクロールバーが勝手にちょいちょいと上がっていくのです。(^^;)文章も上にずれていきますので、実に使いづらい状態になってしまいます。

先方となんどかやりとりし、調べた結果、「IE8+Sleipnir」という、極めて限定的な環境で起こる問題であることがわかりました。(他でも起こるかもしれませんがIE8がらみのようです。)

JavaScriptで、カーソルを入れてクリックしたときなどに、テキストエリア内の選択内容(カレット)を取得して保持するというプログラムがあったのですが、その結果(textRange)をDOMツリー内に保存したときに発生するようです。

対策法はここに載っていました。そして解決。感謝!

それにしても、「IE7モード」がちゃんと用意されているとは・・・。(^^;)

コメント

No title

Sleipnir便利でしたねぇ。今はMacになってFirefoxですが、母のPCにはSleipnir入れて上げてます。なかなか気に入ってます。
ただ、ちょっと重いのが不満なようですね。母はマウスジェスチャーさえ使わないような人なのでGrani(グラニ)の方が良いかなと思ったら、最近は軽さを捨ててスキンに走ってるようですね。

私もSleipnir使いたいなあ。Firefoxはアドオン入れ過ぎてメモリ350MBとか食いますからね。IE系なら、例えばダウンローダーなら外部ソフトだから使うときだけ起動って事が出来るんですけどね。

No title

恥ずかしながら私はSleipnirの読み方がわからなかったので、先方がスレイプニルといったとき、3秒ほど時間が止まりました(^^;)。

テストのために自分のPCにいれてみましたが、これ便利ですね。確かにFirefoxよりは軽いような気もします。

GraniとかChromeとかいろいろ選択肢がでてくるのはユーザには良いのですが、クロスブラウザ対策をするWEBデベロッパーにはちょっぴり負担になるかもです(TT)

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)