FC2ブログ

映画「用心棒」

晩ご飯のあとブログを書こうと思ったら、
BSで映画「用心棒」がやっていました。

1時間ぐらい見てPCに向かうつもりが、
結局、ラストまで見入ってしまいました。。

やはり、黒澤監督は偉大ですね。。

ところで、この映画の中で、三船敏郎さん扮する素浪人が
名前を尋ねられると、窓の外に広がる桑畑を見て、
「桑畑三十郎」と、いかにも適当に名乗るシーンがあります。
この間リメイク版の「椿三十郎」を見たものとしては、思わずニヤリとしました。
その後続けて、「もうすぐ四十だがね」、ということは、アラフォーなんですね。^^

「椿三十郎」、織田裕二さんの演技もなかなかでしたが、
今度オリジナル版(黒澤作品)も見てみたいです。

ちなみに私は映画大好き人間なのですが、
最近忙しいこともあって、あまり見ていないです。。
そういえば、もうすぐアカデミー賞ですね。
今年はノミネート作品もあまり知りませんが、
ブラット・ピット夫妻が来日したらしいですね。
・・・ふむふむ。。年をとるほど若返るのですか。(『ベンジャミンバトン 数奇な人生』)
アンチエイジング真っ青ですね!

興味津々ですが、とりあえず今は、ブログの超定番ともいえる、
「映画」カテゴリをつくるにとどめておきます。。(^^;)

コメント

No title

七人の侍は本当に名作ですね。
用心棒今度WAY(TSUTAYA傘下)で探してみます。

No title

「荒野の7人」、さらには「プライベート・ライアン」(町防衛シーン)が
生まれるのもうなずけますよね。>「7人の侍」

「用心棒」も、とっても西部劇タッチなので、
以後きっと何かの西部劇のベースになったのだと思います。

カッコイイ仲代達矢さんが拳銃撃ってますし(^^;)

No title

 プライベート・ライアン・・良かったですね~
 トムハンクス、自分の感情とは相容れない兵士としての義務をしっかり遂行してる・・でも手の震えが止まらないときもある・・見てて涙が出ました。
 トムハンクスと言えば「キャスト・アウェイ」も良かったっすね。
 雨の中で車を彼女の家に戻すシーン、やっぱああしか出来ないもん。

 先に黒沢監督の映画を見てると「あれ?これってどこかで見たよね」って映画が多いですよね~

No title

「プライベート・ライアン」は私も大好きです!
小説版も読みました。
発見したころには二等兵ではなく、
上等兵に昇格しているんですよね。(^^;)

「キャストアウェイ」は私はまだ見ていないと思います。
今度チェックしてみます!

> 先に黒沢監督の映画を見てると「あれ?これってどこかで見たよね」って映画が多いですよね~

やっぱり世界の黒沢監督なんでしょうね(^^)

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)