FC2ブログ

MKMapView

iPhone開発で利用できるコンポーネントの一つに、MKMapViewというのがあります。

これはGoogleマップを表示できる、ビューの一種なのですが、これがとても楽しいです。

なにせ、Interface Builderで貼付けるだけで、その領域が、iPhone上の立派なGoogle Mapになります。

しかも、APIが大変充実しており、次のようなことが、プログラム上からきわめて簡単なコードで実行できます;
・ある場所を表示する
・地図のズームレベルを変える
・現在表示している地図上の中心地点の緯度経度を取得する
・地図上に情報を表示する
・経路探索する(アプリ経由)
etc..

これに加え、GPSがついたiPhoneであれば、現在のGPSからの位置情報が分かり、地図上に勝手に表示もしてくれます。

自分も試しに地図アプリを作り、箱根で遊んでみましたが、少ない工数で自分好みの実用的な地図アプリが作れるので、とても感激しました。

地図やアウトドア系のアプリを作るには、iPhoneはまさに楽園と言えそうですね。(^^)

コメント

No title

 作者殿がこうやってiPhoneがらみの情報を流してくれるので、「iPhineでどんな事が出来るのか。どんなものを作れる可能性があるのか」が良く分かります。
 こうやって聞いてるだけで、ある日突然「あ!あれを作ってみよう」って発見が出てくるんですよね。
 毎度お陰様です。

No title

恐縮です。。(^^)

私もiPhoneのいろいろな可能性を調べていますので、
特筆すべきものがあればまたご報告したいと思います(^^)。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)