FC2ブログ

これでiPhone開発は10倍とっつきやすくなる!?

年末年始をひかえ、忙しさは増す一方ですが、それでも気晴らしに、中断していたiPhone関係の調べを再開しました。

そのなかで最近分かった理解のコツをおひとつ・・・(自己流で少々お恥ずかしいですが^^;)

一見、新奇に見える用語は読み替えてしまおう!

たとえば、Objective-Cで良く登場する言葉に「Delegate」(デリゲート)と「プロトコル」というのがあります。

慣れれば大したことのない概念でしょうけど、全く予備知識を持たないまま、この2つに出くわすと、最初なんか異質な感じがして、ウエっとなるかもしれません。

しかし、

 ・Delegate → コールバック
 ・プロトコル → (一般的なオブジェクト指向の)インターフェイス


と読み替えてしまえば、多くの場合、広く知られた概念との間で意味が通じるので、コードの理解が断然、進むように思います。

もちろん、専門的には、この読み替えは、「厳密に言えばそうではない」or「ていうか間違いですらある」程度のものかもしれませんが、私はいまのところこの方法が、心理的にも功を奏しているように思いますので、「なんか訳わかんないなあ~」と思った方は、試して見ると良いかもしれません。(厳密な理解はあとですれば良いと思います。)

iPhoneにかぎらず、最近はいろんなフレームワークがでてきていて、ソフトウェアの抽象化が進んではいます。でも、コンピュータの基本的な仕組みはあまり変わっていないわけですから、自分で馴染みの概念で読み替えると、より理解しやすいではないかと思います(^^)。

コメント

No title

なるほど、そうですね。
結局のところCPUはジャンプとコールで動いてるだけですもんね。

> ・Delegate → コールバック → ラベル付け
> ・プロトコル → インターフェイス → サブルーチンの引数

 ま、コンパイラが最終的に出力する段階では、いずれこんな形になってるのかも。

Re: No title

まさにそうですよね~。

抽象化されたフレームワークは
慣れると良いことも多いのですが、
選択によっては、かえって初期にかかる手間が
増えたりしてしまうのが難点ですよね。。(^^;)

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)