FC2ブログ

巨大グモは横浜市の資産!?

巨大グモ “母国”へ
 横浜開港百五十周年を記念し、横浜市で四~九月に開かれたイベント「開国博Y150」で人気だった機械仕掛けの「巨大グモ」が、“母国”のフランスに帰国していたことが分かった。


開国博赤字 穴埋めメド立たず
 横浜市内で4~9月に開かれた横浜開港150周年記念イベント「開国博Y150」で収入が約25億円不足している問題で、市は4日の市議会常任委員会で、穴埋めのめどが立ったのは約1億円にとどまっていることを明らかにした。

 主催した横浜開港150周年協会は、企画や運営をした広告会社に契約金額の減額を求めたり、キャラクターグッズ販売をしたりして不足額の圧縮を目指す考えだが、市は「いずれにしても大変厳しい収支になる」としている。


鳴り物入りで開幕したY150ですが、結果としてはいまいちという感じで、市民としてはちょっとつらいです・・・。

ところで、上のクモ帰国の記事は、こんなように続いています・・・。

同協会によると、所有権を主張すれば、横浜に残った可能性もあったが、維持費などで費用がかかることから「現状では主張しない」としている。


なんとクモは横浜市のものだったのですかーーー!

それなら、どうして残さなかったのでしょう。。
山下公園にでも、みなとみらい21地区にでも、展示すれば良いのに・・・。

あるいは、野毛山動物園や、横浜動物園「ズーラシア」で飼う、
という選択肢もあったと思います。

私はY150いけなかったので、見たかったなあ・・・。(^^;)

コメント

No title

ヤフオクに出して少しでも不足のカバーにするとかねぇ。

Re: No title

> ヤフオクに出して少しでも不足のカバーにするとかねぇ。

差し押さえ品の競売とかでヤフオクつかってる自治体も
あるようなので、それもいいですね~(^^)

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)