FC2ブログ

クラウドでプログラマの仕事は増える!?

今まで「クラウドコンピューティング」というと、どこかの2、3の巨大企業が、これまで分散してきたITソリューションを独占するようなイメージでいました。そして、ITソリューション=システム開発業務なので、プログラマの仕事は今後減るのかなと・・・。

そんなせいか、いままでは、この、漠然とした印象に基づく、素朴で無邪気な反応として、「クラウド」という言葉には、なんか生存本能からくるような抵抗感がありました。(*^^*)

ところが、今日、ふとしたきっかけで、「Google Apps」について調べる機会があり、これを読んで大分気持ちが明るくなりました。

だいたい、いままで私がクラウドについて持っていた、「なんでも雲の上でやってしまう」イメージからすると、「クラウド開発環境」という言葉があることじたい、なんとなくそぐわないものに思えていましたが、ようは先方(クラウドの「親玉」^^;)が、すべての人々のニーズを満たすものを、全部自前で供給するのは無理なので、必ずなにがしかの拡張性が求められるわけなんですよね。

そう考えると、SI企業ならともかく、いち個人や小企業のデベロッパーにとってのクラウドとは、巨大企業が提供する一方的な独占サービス(代替ソリューション)というよりは、一種の新しいプラットフォーム、あるいは、もっと広義には、メディアの登場、と考えられるのだと思います。

一言でいえば、新たな工事現場が雲の上にも出来る、ちゅうわけで、そうなれば今後職人の仕事は増えるのかも♪(そうなるといいなあ・・・。)と思いました。

以上、とってもとってもナイーブな意見でした(^^;)。

コメント

No title

おおーJavaですか~。
全然勉強してね~~v-40

Re: No title

> おおーJavaですか~。

Javaは良いと思いますよー。(^^)Google Appに二番目に選ばれたことでも窺い知れます。
#1番目がpythonなわけは。。ちょっと分かりませんが・・・。(開発者がGoogleの社員らしいですね^^;)

No title

 人間が多様な生き物である以上、ソフト屋の仕事は減ることは無いかも?
 昔からソフトの効率的生産をずっと追いかけてきたこの世界だけど、結局昔から変わってないですもんね~

No title

>Mooさん

まさにそうですよね~!!
全く同感です!(^^)

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)