スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根駅伝

今日は天気も良かったですし、
国道一号線近くで用事もあったので、
箱根駅伝の復路を見に行きました。

用事を済ませて、1号線についたのは、
先頭ランナー通過の1時間以上も前。
横浜の保土ヶ谷付近のベストポジションに陣取りました。
道がカーブしているので、近づく選手も良く見えます。

私はトップランナーの写真を撮り、ブログに掲載することにしました。
私は上機嫌でした。
が、あとで大変な思いをすることになります。。

2009_1_3_1

かなり長い時間待っていましたが、30分前ごろから、
沿道は人でいっぱいになりました。

2009_1_3_2

どこからともなく現れたおじさんが、応援用の旗を大量に配っています。
私は最初スポーツ報知の旗を2本ゲットしましたが、
読売の朱色の旗を見ると、どうしてもこれも欲しくなりました。
せっかく占領したポジションから離れるのは危険でしたが、
なんとか手を伸ばし、結局4本の旗を入手しました。
(なぜか2本ずつくれるんです。両手で振れということ?)

しかし・・・それからかなり待っても、一向に選手が来る気配はありません。。
たぶん1km以上見渡せるので、無駄だと知りつつも歩道から頭を乗り出してみていたら、

「パパパァーーーーー」

2009_1_3_3

怒りに満ちた3度のクラックションととともに、神奈川中央交通のサイドミラーが
頭の数十センチ前をかすめていきました。
箱根駅伝を見に行ってカナ中のサイドミラーに衝突しでもしたら、
決して楽しいお正月とはいえません。それにもちろん交通の邪魔です。
私は頭をひっこめました。

ところで、私は既にこの時点で1時間ほど待っていたのですが、
穏やかとはいえ1月の気候だったせいか、
このあたりから「かわや」に行きたくなってきました。
もちろん小の方ですが、沿道は人で埋め尽くされており、
もし用を足すために、私のベストポジションを1秒でも空けでもしたら、
たちまち代わりの人がその場所に収まるに違いありません。

もうすぐ選手が来るというのに、
1時間も待って確保した場所を明け渡したりしたら、
4枚も旗を持ってこの先どうすれば良いのでしょう。
私は我慢しました。

2009_1_3_4

私にとっては永劫と思われる時間が過ぎました。
ほとんど耐え難いものがありました。。

するとようやく、一台のパトカーが来るではありませんか。
これぞまさしく交通規制の準備に違いありません。
そしてそのすぐ後ろにはランナーがいるに違いありません。
私は神奈川県警に感謝しました。

しかし、近くに来ると、そのパト曰く、

「あと15分で選手が来ます」

とのこと。。

・・・さらにたっぷり20分が過ぎました。私はもう限界に近い状態でした。

途中、ヘリの爆音が聞こえました。オレンジ色のストライブのはいった、
マスコミのヘリです。私は思いました。選手にくっついている空撮機に違いないと。

が、そのヘリは交代で給油しにいったのか、
猛スピードでどこかへ飛び去りました。。

・・・さらに数分が過ぎました。

なんでここまでしているのか、ほとんど分からなくなりましたが、
なんとしても選手の姿を写真に収めるまでは帰りたくありません。
私は耐えました。

2009_1_3_5

するとそこに、大会関係者の車両が現れました。
「あと6分で来ます」と嬉しそうにおっしゃっています。
でも、さっきのパトの15分前のアナウンスから25分は待った気がします。

ラジオやワンセグ携帯を持っている人も多く、
やれ戸塚を出た、権太坂を過ぎたとか言っています。
隣の人は「あと20分で来るんじゃないの」などと話しています。

私は選手が来るまでもう何も期待しないことにしました。

・・・1分、2分と、ただただ時間が過ぎてくれるのを待つのみです。
その頃にはもう沿道は人であふれ、後ろのおじさんが
隙あらば割り込もうとしてきます。

端的にいえば、極限状態です。

みんな期待に満ちた嬉しそうな顔をしています。当然です。
でも、私は顔面蒼白だったに違いありません。

・・・・・しかし、そうしてまっていると、、

つ、ついに、見えました。

はるか彼方に、何台ものパトカーの灯が。

その後ろに中継車も見えます。

それらの一団が、だんだん迫ってきます。

私はつらい感覚も忘れ、元気付きました。

私は右手に携帯を、左手には4枚の旗を束にしてしっかりと握り締め、スタンバイしました。

あと30m、20m、10m・・・そして見えました、黒っぽい服のランナーが!
これぞ東洋大、先頭ランナーです。
私は旗を振るのも忘れ、夢中でシャッターを押しました。

2009_1_3_6

ブレていますが間違いなく東洋大です!(どなたでしたっけ??)
ほんと、我慢したかいがありました。。。

<その後>

そのすぐ後に早稲田も来ましたが、これは撮りそびれました。
ただ待っているときはつらくても、選手がくるようになると、興奮や大歓声もあって、
案外忘れられるものです。

結局最後のランナーまで見届けたのち、大急ぎで撤収してことなきを得ました。。

以上・・・こんなどうしょうもないご報告ですみません。。m(__)m

コメント

No title

駅伝意味なく好きですねー。(^Д^)
ずっとTVで見てました。
ただ走ってるだけなのに興奮するんですよね。

No title

一人でハーフマラソンぐらい走るんだから凄いですよね。。
トイレ我慢する比じゃないですね!(^^;)

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。