FC2ブログ

25%の重み

鳩山演説 高い評価受けたが…

鳩山由紀夫首相が22日の国連気候変動首脳会合で、温室効果ガスを2020年までに1990年比で25%削減すると表明したことを、各国は高く評価している。ただ、数値目標を明確にするなど鳩山氏の演説は、他国の首脳に比べ突出した感があり、まさに「国際公約」の重荷を背負った格好でもある。


たしかTVだったと思うのですが、専門家の方が、このCO2削減25%目標を家庭で達成するには、「4日に1回電気を使わないことに匹敵する」とおっしゃっていて、25%なんだからそれはそうだと言ってる人がいました(^^;)。

それはともかくとして、この約束は、もちろん環境のためにはなると思いますが、産業的には大丈夫なのでしょうか・・・。

環境関連産業の方は、もちろん喜んでいるでしょうが、自動車関係の業界の人は、「搾り取った雑巾からさらに水を搾り取るようなもの」という意見も。

業界によって恩恵を受けるところと、苦労するところの明暗がはっきり分かれてしまうという不公平感もあるのではないかと思いますので、その辺のケアも大事ではないかと思います。

ちなみにIT業界は・・・これも結構、電力を食うのですよね。。。

昨日見た綺麗な海岸線はずっと残すべきだと思いますが、サーバを4日に1回とめるのはちょっとむずいので、省電力PCや仮想化技術などが、今後ますます脚光を浴びることになると思いました。(^^;)

コメント

No title

自動車の排ガス規制を日本が率先して始めるって時も大騒ぎになったですよね。
でも、そのおかげで技術が進み、現在の日本の自動車の優位性が得られたかもって思うときがあります。
日本人なら25%削減もなんとかしちゃうかもですね。

でもこの25%削減目標って「他の先進国も一緒にやるなら日本も25%の削減を約束します」って話しじゃなかったですっけ?
だとすれば世界同時だから、日本ばっかり不利になるって事も無さそう。
それより、先に宣言しただけ政治的には有利って話しになるらしいです。
んま、10年もすれば結果が出るんでしょうね~

>サーバを4日に1回とめるのはちょっとむずい
 頑張って停めてください(笑)
 そう言えばノートPCをメインにするようになったら、確かに電気代が安くなったみたいです。
 月額で千円ぐらいは違ってきたのかな~?

No title

なるほど・・・確かに、環境先進国でやっていければ、
何かと恩恵ありそうですね。(^^)
あとは発展途上国が国際レベルの規制に批准してくれれば、
輸出ももっと良くなりそうですね~♪

ノートPCは確かに小食ですよね。。
音も静かで室温も上がりにくいので、私もノート派です。
そうだ、これをサーバにできたら・・・(^^;)

No title

通りすがりです。

>4日に1回電気を使わないことに匹敵する

その専門家はバカですね。
90年度比25%は、08年度比ですでに38%。
09年度比は終わってみないと分からないが、40%越えは確実。

だから、大体2日に1回電気を使わないことに相当する、だ。
正確には、年間146日、日本で全く電気を使わない、生産もしない、発電もしない、車も電車も一切動かさない、それでいて増産もしない、という状態が、今後の日本の生活の上限になる。
これより更に使わない日を増やすことは出来ても、減らす事は出来ないし、もちろん、達成すれば、更なる削減を求められる。

日本の1年間の発電量は約1兆kwh。
これのちょうど40%ぐらいが火力発電所によるもの。
つまり、現状で言うと、火力発電所を全て潰して、原子力発電所を作らなければならない。
なお、それに従うと、原子力発電所の数は倍以上に増える。
が、ハッキリ言って荒唐無稽な話である。
今の数をそろえるのに40年以上かかっているというのに、11年で倍に出来るはずもない。
まあ、1基できればよくやった、といったところ。

とすると、Mooさんの言うように、新技術に頼りたい所だが、年間4000億kwhを全くの温室効果ガスを出さずに発電しなければならないのだが、これもまた実に荒唐無稽である。
どんなに割り引いてひいき目に見ても、あと2~300年は先の話になるだろう。
(原子力に頼らず、温室効果ガスも出さない、という前提条件)

結局結論は、時間がどう考えても足りないので、排出枠を買うしかない。


>「他の先進国も一緒にやるなら日本も25%の削減を約束します」

前回もそうだったんだよ。
で、アメリカはバックレました。
EUは元から、どんどん排出しても達成できる目標でした。
中国は「うちは途上国なので」と参加を断わりました。
で、日本がただ一人、削減を続けましたが、「6%を減らすことが出来ず」目標達成となりませんでした。

今度も約束した以上、日本には達成を求められますが、他の国がしないから、というのは、何の理由にもなりません。
日本が勝手に言ったことですし、誰もそれに合わせて約束したわけでもありません。
もしそうさせたいなら、日本は外交によって、他国に削減を守らせなければならない、それだけのことです。

国連は国々を支配しているわけではないので、何の強制力もありません。
そこで他国への条件を言っても、それを守らせるのは国連ではなく、それを言い出した国の責任となります。

そこで、北方領土は2島の返還でいいとか、竹島は韓国にあげてしまおうとか、従軍慰安婦に言われるだけお金をあげようとか打ち出している民主党に、そんな約束を守らせるような外交が出来るでしょうか?
ハッキリ言って無理でしょうね。

先日、国債を発行しました。
その直後、ラトビアから排出枠150万トンを購入しました。

結果は10年どころか、今見ているものかもしれません。

No title

>ぴゅうたさん

はじめまして(^^)

うーんなるほど、そういった影響も懸念されるわけですか・・・。
確かに、大部分を排出権取引で解決せざるを
得ないという状態になるのは避けて欲しいですね・・・。

私にはとりあえず身の回りの省エネに努めながら
推移を見守るしかできませんが、なんとかCO2削減外交も
頑張って欲しいと思います・・・。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)