FC2ブログ

超高速無線LAN

無線LAN「IEEE 802.11n」のフル規格が正式制定へ - 最大600Mpbs通信に対応

米国電気電子学会(IEEE)は9月11日(米国時間)、同標準化委員会が無線LAN規格「IEEE 802.11n-2009」を承認したと発表した。現行で市場に出回っている802.11n製品は「IEEE 802.11n-2007」をベースとしたDraft 2.0を準拠としたもので、通信速度100Mpbsオーバーをうたっているが、今回承認された802.11n-2009をベースにしたフル規格の802.11nでは理論上の最大速度で600Mbpsに達する。


無線で600Mbpsですかーー。

お客さんのサーバはともかく、自宅では有線でも機器の関係で実効では10Mbps程度なので、あまり高速なネットはなかなか想像つかないです・・・。

それにしても、こんなに高速なネットが必要な場合って、一体なんでしょうね・・・。大きなファイルをDLするといっても、そんなに機会はないですし、ハイビジョンの映像とかも、私はまだネットで見ませんが、皆さんはどうでしょう。

そのうちギガビットクラスの回線が生活に欠かせなくなる日も来るのかもしれませんが、今のところは私は実効で5Mbpsぐらいあればほぼハッピーな感じです。(^^;)

コメント

No title

>5Mbpsぐらいあればほぼハッピーな感じです
 なんだか貧乏くさい作者殿だな~
 と言う自分もそうなんだけど(^^;

 パソコンを2台並べて使ってて、どっちも無線LANなんだけど、この2台の間でファイル転送するときだけは、高速度が欲しいです。
 とは言っても滅多にやらないし、本気ででかいのを転送するときは外付けのHDDでやってるんで、やっぱり5Mもあれば十分かも(笑)

No title

私は3Mbpsで満足してますからね。(^^;)
しかしWinnyやってたころは早いの欲しかったな~。今はMacですからね。

No title

>Mooさん

私は安定して反応が早い回線が嬉しいですね。。(^^)
確かにLAN内の場合は高速な方が良いですよね!

>山地さん

Macは結構ネット使わないですよね。
アップデーターもWindowsより静かな気がします。(^^;)

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)