FC2ブログ

米雇用統計結果

米国8月雇用統計

・非農業部門雇用者数
 結果-21万6000件(予想市場-23万件、前回-24万7000件)

・失業率
 結果9.7%(予想9.5%、前回9.4%)


うーん、どうでしょうか。。

非農業部門雇用者数は前回より改善、市場予想よりも良いのに対し、失業率は市場予想より悪化し、前回よりも悪化ですか・・・。

これだけ見るとプラマイゼロという感じですが、今のところ市場は前者の方を好感しているようで、景気遅行指数としての雇用統計が改善したことで、景気底打ちが最終的に裏づけられたという見方さえあるようです。

これを受け、為替も一時、93円台に戻しました。

失業率が26年ぶりの水準にまで悪化した事実は否めませんので、悲観的な見方が広がる糸口になる可能性は残っているものの、安心感も手伝って、上向きの影響になることを期待したいと思います。(^^)

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)