FC2ブログ

法人均等割税の不思議

いつも会社の年度が替わるたびに思い出すのですが、
法人の地方税には、均等割り分があり、
毎年最低7万円(市民税5万、県民税2万)は
たとえ利益がでていなくても課せられます。

地方税なので一応自治体によって
違っても良いと思いますが、
多分どこも同じ額だと思います。

それほど高額ではないし、決まってるのだからと、
今までとくに意識せず払ってきました。

でも、これどういう趣旨なんでしょうね・・・。(汗)

国税(法人税)には均等割りはないのですから、
やっぱり固定資産税みたいに、「そこに(法人が)ある」ということ
自体が課税対象なのかな・・・。

まあそれをいえば、印紙税とかも趣旨がぱっと見、
分かりにくそうなので、ともかくそう決まってるということで、
今年もおとなしく納税義務を果たしますですだ・・・。(^^;)

コメント

No title

均等割の7万も、10年で70万、50年で350万だから、結構でかい。
法人税を減らそうと思って給料で取りすぎると源泉徴収も結構でかいし。

そう言えば法人の損失は7年間繰り越せるようになってたんですね。ずっと5年だと思ってた。
大分赤字が貯まってるんで今年は給料ゼロにしようかな(^^;

「税金」と言うとなんだか正しそうな呼び名だけど、要するに「ピンハネ」。
ヤクザかみかじめ料をピンハネするのと大差無し。
みかじめ料を払わないと脅される、税金は払わないと刑務所行き・・どっちも大差無し(笑)
ヤクザが賭博をすると刑務所行き、役人が胴元の賭博(宝くじ)ならおとがめ無し。

役人が勝手に法律を作って金を巻き上げてるのだから、手の出しようが無い。逆らえば「無法者」と呼ばれ、テレビに顔が出ちゃいます・・こう言う仕組みを一般的には「法治国家」と言うんだそうです(^^;

No title

均等割の出費分でiPhone買えちゃいますよね(TT)
次の選挙は法人税を減税するところに票をいれたくなります(^^;)
でも、今流行の有名人知事も
地方税の減税はしてくれなさそうですね・・・。(TT)

繰越欠損金でしたっけ。。確かに7年になったんですよね。
私はほぼ毎年利益がでていないので(^^;)、
あまり使っていませんが、これは結構良い制度ですよね。(^^)

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)