FC2ブログ

WEBサーバつきブラウザ

Webブラウザ間で通信、「Opera Unite」発表

 ノルウェーのOpera Softwareは6月16日、WebブラウザにHTTPサーバ機能を持たせた新技術「Opera Unite」を発表した。次期バージョンのOpera 10上で動作するテクニカルプレビュー版をWindows、Mac OS X、Linux向けとして公開している。

 利用者はWebブラウザを使ってローカルのファイルをほかのユーザーと共有したり、伝言板のようなWebアプリケーションを手元のPC上で稼働するWebブラウザ内で走らせることができる。Operaでは、応用例のサンプルとして、ファイル共有、Webサーバ、メディアプレイヤー、写真アルバム共有、チャットサービス、メモ伝言板を公開している。


WEBブラウザにWEBサーバ機能を持たせるのですかー。
面白そうです(^^)。

そういえば、P2P技術って、ひところかなり
有望視されていましたよね。

でも今は、クラウドコンピューティングなど、
どちらかといえばサーバサイドに重きを置いた
技術の方が注目されてきている中で、ごく一部を除き、
やや影が薄くなっている感もあるのかもしれません。。

でも、その民主的、自律分散的な意義は
依然大きいと思いますので、あとは順法的で
健全な応用が増えると良いと思います。

ところで、サーバサイドで集中的にやるか、
クライアント分散でやるかという議論って、
「中央集権か、地方分権か」、あるいは、
「大きい政府か、小さい政府か」という議論に
なんとなく似ているように思えます(^^;)。

こういうのって、どちらにもメリットとデメリットがあるので、
成熟した社会においては、大抵の場合、中庸付近をとりながら、
ゆるやかにトレンドが入れ替わっていくんですよね。

経済政策でいえば、最近は金融危機などの反省もあって、
ちょっと「大きな政府」にトレンドが向いているようです。

コンピュータの世界でも、利便性の点から、
そういった方向にシフトしつつあるように見えますが、
いずれの世界でも、そのうちまた「小さい政府」に
回帰することが、あるのかもしれませんね(^^;)。

コメント

Re: 相互リンクのお願い

相互リンクありがとうございます(^^)/
リンクしましたので、こちらのも
何か問題ありましたら知らせてください(^^)。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)