FC2ブログ

DSでお勉強

任天堂が授業支援システム「ニンテンドーDS教室」を開発

 任天堂は、DSを活用した小、中、高等学校向けの授業支援システム「ニンテンドーDS教室」を新たに開発し、このシステムをシャープシステムプロダクトが販売すると発表した。


ゲーム機を学校に持ち込んで勉強するのは良いですが、
さぼってゲームをしてしまう懸念をするのは、
私がファミコン世代だからでしょうか。。(^^;)

私は今の世代のコンシューマ機を持っていないのです・・・。

今の携帯用ゲーム機はきっと、小型PC並なのでしょうね。。

それにしても、今の小中高学校って
どんな授業になっているのだろう。。

携帯電話が持ち込み禁止となったとしても、
IT技術の発達と普及で、教育現場も
様変わりしているのかもしれませんね。

推測ですが、辞書一つとっても、高性能で安価な
電子辞書の普及というのは、英語教育に
おいて大きな変化ではないのでしょうか。。

すぐに引けて発音も確認でき、
軽量というのはとても良いですが、
宿題などをこなすときに頼りすぎたり、翻訳機として使うと、
学習効果が薄れてしまうのかもしれません。。

英単語の学習とかも、電子化しているのでしょうね。
小さな単語カードによちよち書いたりしてたのが懐かしいです。(^^;)

コメント

No title

>私がファミコン世代だからでしょうか。。(^^;)

PSPを持ってきて堂々と遊んでいる人もいるようですね^^;
(当然休み時間中ですが・・・)

>英単語の学習とかも、電子化しているのでしょうね。
小さな単語カードによちよち書いたりしてたのが懐かしいです。(^^;)

そうですね~、今でもそういう感じで学習している人は多いですよ。
電子辞書なんかも実際で見る限りではクラスで数人とかの人数だったと思います。
授業としても電卓や電子辞書を扱う授業はありませんし(電卓はあったとしてもルートとかぐらいですし)、
実際には言われるほど普及していないかな~という感じですね。
確か・・・全国ではコンピューターを使った一律学習システムが去年から始動したはずです。これも地域によって様々ですが、殆どの私立・公立を含めて導入されているようですね。

といっても・・・この一律学習システムはあくまで授業の一環としては取り込まれておらず、主に生徒の学校で放課後で行う「塾」のような自主学習の場で扱われているものですね。

内容としては、その人にあった問題が出題されるということで「間違えば簡単に」「あっていればより難しい」問題が出題されるように調整されていたはずです。

う~ん・・・自分はPCや機械は好きですが、実際に学習するとなると書き取りとかはコツコツ書いていく感じの方が好きですね~。なんとなく実際に学習しているという実感が出やすくてやる気が出やすいですね。

No title

中高生の身長が縮んでますよね?平均160cmくらいじゃありません?

No title

>暗黒の鬼神さん

なるほど~ということはまだ
Eラーニングのような制度は
あまり普及していないのですね。。
なんか少しほっとしました。。(^^;)
詳しいですね!
ありがとうございます!

私が高校生だったころは、
「計算機室」(PCルーム)には、
いかにも用途未定のままとりあえず
そろえたという感じのPCがずらーっとならんでまして、
許可を得て嬉々として利用していました。(^^;)
きっと今も一部授業の時のみの利用なのでしょうね。

>いやさん

そうなんですかー。
どうしてでしょうね。。
牛乳の消費の落ち込みと関係があるとか・・・。(^^;)

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)