FC2ブログ

ワイヤレスMAN

オンキヨー、SOTECミニノートに次世代通信技術「WiMAX」対応モデルを拡充

オンキヨーは6月8日、SOTECブランドで展開中のミニノートPC「SOTEC C204 シリーズ」のラインアップを拡充し、モバイルWiMAXに対応した店頭販売専用モデル「SOTEC C204A5」と、Office Personal 2007を搭載した「SOTEC C204A5B」の2モデルを発表した。


いろいろ新しい移動通信技術がでてきますね。。
WiMAX、知りませんでした・・・。(^^;)

そこで辞書を引くと、

WiMAX(ワイマックス、Worldwide Interoperability for Microwave Access)とは無線通信技術の規格のひとつである。

高速通信(光・メタル)回線の敷設やDSL等の利用が困難な地域で、いわゆるラストワンマイルの接続手段として期待されている。近年は、高速移動体通信用の規格も策定されている。WiMAXは当初、中長距離エリアをカバーする無線通信を目的としておりWiMAXアクセス網は「Wireless MAN」(Metropolitan Area Network)と定義される。


だそうです。

この間ワイヤレスWAN(WWAN)について取り上げましたが、
今度はワイヤレスMANとのことで、
さらに紛らわしさ100倍的な感もあります・・・。(^^;)

そこで違いを調べてみると、ワイヤレスMANは上記のように、
無線LANがよりワイドになった感じのもので、
つまり新しい通信インフラであるのに対し、
ワイヤレスWANの方は、

ケータイ(またはPHS)の回線を利用して、
インターネットに常時接続(長時間接続)できる環境のこと。
出典


ということで、インフラは既存なんですね。

なので、ワイヤレスWANの利点は、既に利用できることだと思いますが、
ワイヤレスMANの方が、より次世代的で高速のようなので、
こちらも期待したいと思います。(^^)


コメント

No title

都会でも今まで出来なかったのですか!

田舎なんで無知ですいません。(^^;)

No title

「家の中でも外でもこれ一本でok」ってな具合になると嬉しいですね。
今、家の中は無線LANで繋がってるけど、庭に出るともう繋がらない。
意識せずにシームレスに繋がるようになって欲しいです。

などと生意気を言ってるけど、ADSLがあるだけでも有り難いこってす。
なんせ10年間ISDNで我慢したで、NTTさまさまでございます。
でも早く無線で繋がって欲しいな~
出来れば天下り天国のNTTは使いたくないな~

ONKYOと言えば、50円で買って持ってたんだけど、65円で売ってしまいました。
今日も上げてますねぇ。
もっとがめつく儲けないとあかんですねぇ。

No title

>いやさん

公衆無線LANはまだスポットタイプが中心だと思います。
でもそれも、使えるという店にいって聞くと白い眼でにらまれて
知りませんと言われたり、コンセントがなかったりするんですよね・・・。(^^;)

>Mooさん

確かにそうですよね>シームレス
無線LANのようなGHz級の電波って、
障害物に弱いのが困るときありますよね・・・。(^^;)

最近、イーモバイルのエリアを見てとても
広くなったのに関心しました。
無線WANの利点はかなりありますね。。(^^)

50円→65円というと約3割増しですよね。
それでも私にはなかなか
良い利益に見えますよー(^^)。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)