スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暗号化と圧縮の組合せ方

今日はEDのご利用に関するベーシックなひとくちメモ(TIPS)を。。

まずは問題です。(^^;)

サイズ200KBのエクセルのファイルAがあるとします。
これをZIP圧縮すると、100KBになるとします。
ではそのファイルAを、一旦EDで暗号化してから、
ZIP圧縮すると、何KBになるでしょうか?

正解は、ほぼ、圧縮されません。
(サイズが減らないしヘッダーなどで少し増えることも。。)

これは、AESのような方式で暗号化されると、
冗長性、すなわち、圧縮の対象となる、
繰り返しのような無駄な情報が、ゼロになるからです。
(ランダムなデータなので圧縮するものがない。)

これはEDに限らず、現代の暗号技術で
暗号化されたファイルに通常、共通する特徴だと思います。

なので、暗号化と圧縮を組み合わせる場合は、
必ず、圧縮してから暗号化するべきであり、
この順序を逆にすると、圧縮の効果(意味)が
なくなりますので、注意が必要です。(^^)

ご存知の方は多いかもしれませんが、一応TIPSでした♪(^^;)

コメント

No title

これは大切な事なのでヘルプにも書いた方が良さそうですね。(^^;)

No title

そうですね(^^;)
HTML化の際に記載しようと思います。(^^)

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。