スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EDを「送る」メニューで使う方法

表題の件、今日メールでお答えする機会がありましたので、
こちらにも掲載しておきます。

超簡単な割りには結構便利なので、
宜しければインストーラ&関連付け機能の
次善の策としてご検討くださいまし・・・。(^^;)

               記

○手順1
 ED本体を解凍したフォルダごと
 適当な場所にインストール(設置)します

 (例:)C:\Program Files\ed33

  ※以下、上記フォルダにインストール
   された場合でご説明いたします。

○手順2
 当該ED本体の実行ファイルを右クリックして
 開いたメニューから「ショートカットの作成」
 を行い、2つのショートカットを作成します。
 
○手順3
 それぞれのショートカットを下記の名前に変更します:
 ・EDで暗号化
 ・EDで復号

○手順4
 「EDで暗号化」のショートカットを右クリックし、
 「プロパティ」を開いて、「ショートカット」タブを選択し、
 そこの「リンク先」という項目の末尾に1つ半角スペースを空けて
 -eと入力します。
 
 (編集後「リンク先」例:)"C:\Program Files\ed33\E_D.exe" -e

○手順5
 「EDで復号」のショートカットを右クリックし、
 「プロパティ」を開いて、「ショートカット」タブを選択し、
 そこの「リンク先」という項目の末尾に1つ半角スペースを空けて
 -dと入力します。
 
 (編集後「リンク先」例:)"C:\Program Files\ed33\E_D.exe" -d

○手順6
 手順4、5それぞれのショートカットを
 「送る」フォルダに移動します。
 「送る」フォルダは、
 C:\Documents and Settings\(ユーザ名)\SendTo
 などとなっております。(隠しフォルダなのでご注意ください。)

 隠しフォルダ表示設定方法:
 http://www.kuraemon.com/support/otasuke/kakushi_folder.htm

以上で完了となります。

暗号化または復号されたいファイル(複数可)を右クリックし、
「送る」を選択されると、
「EDで暗号化」、「EDで復号」それぞれのメニューが
追加されていることと存じますので、
不要ファイルなどを用いてこれら暗号化・復号処理等が
正常に行われることをご確認下さい。

※上記はWindows XPでの手順となっておりますが、
 2000、Vistaなどもほぼ同様かと存じます。

※上記ではうまくいかなかった場合や、
 ご不明な点等がございましたらお気軽にご連絡ください。

※暗号化ソフトは強力ですので、上記方法を含め、
 EDのご利用に際しましては、不要ファイルを用い、
 十分な暗号化・復号等のテストおよび操作確認を
 行われることをお奨めいたします。

※コマンドラインオプションご参考URL:
 http://type74.org/edman3-3.php

コメント

No title

Vistaでは
C:Users[ユーザー名]AppDataRoamingMicrosoftWindowsSendTo
となっています。(^^;)

ちょっと難しいですね。

No title

>いやさん

おおーーーありがとうございます!
大変参考になります!!

No title

たすかりました。ありがとうございます!

Re: No title

>キナコさん

どうもです~(^^)

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。