FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発電機防音BOX失敗(1)

こんにちは!

今週は電車も街もお盆休みムードですね。

職場に来ても、メールも電話もぱったりです。。

ガラッと変わった表題ですが、実は最近、発電機で試行錯誤してました。

夏場は菜園などで使える電気が足りなくなるので、ずっと購入を検討していたのです。

そうでなくても、キャンプに、海に、と、アウトドア派にとって、発電機は男のロマンの一つだと思います。^^

そして、あの計画停電を経験した今、うちでも比較的周囲の理解を得やすくなったレジャー用品防災用品となったわけです^^;

かくして検討に入るわけですが、うちの畑は隣家が近いので、ある程度は静音タイプでなければなりません。

PCも使えるように、インバータータイプであることも条件です。

能力は非常時も考えると、最低でも1500W、出来れば2000Wは欲しいところです。

そして、何より安いに越したことはありません。

そこでネットで調べた時に、恐らく誰もが一度は目にとまるのが、「ノーブランドの中国製輸入発電機」だと思います。。

同じ発電能力で、価格は半額か、1/3。

性能も国内メーカー品に勝るとも劣らない、と書いてある。。

製品名や販売元が違うのに、何故かみんな外見が似ているのは、OEMなのでしょうか。

レビューを見ると、各製品とも、5段階で3.5前後のことが多いようです。

コスパに満足するコメントが多い一方で、「悲鳴のようなコメント」がたまに混じっていたりして。

実に危険な誘惑を感じます(^^;

でも、国内メーカー品のレビューにだって、そういうコメントは混じっていたりするじゃないか。。

そう自分に言い聞かせました。

迷いに迷い抜いた末、1年保証もついていることだしと、誘惑に負けて、購入してみました。

買ったのはこういう外見の2500Wインバーター発電機です。6万円ぐらい。


特定の製品のレビュー記事ではありませんので、型番などの詳細は伏せますし、個体差や、上の写真と外見が似ていても、違う製品もあり得ると思いますので、これはあくまで私の個人的な体験談ということで。

結論から先に申しますと、これはそれなりに使える製品だったのではないかと思います。もちろん試運転ではちゃんと発電できましたし、フル稼働だと音はそれなりですが、負荷にあわせて回転数を調節するエコモードもきちんと働きました。

なので、あとは耐久性についてはまだ分かりませんが、恐らく、説明書に通りに適切に使い、きちんとメンテすれば、初期導入コスパに優れた発電機と思います。

しかし、、私は使い方を間違えてしまったため、この後、大変な回り道をすることになってしまいました。。

(次記事へ続く)

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。