FC2ブログ

上海万博

<上海万博>日本館の詳細決まる 日本の風土などを紹介 (毎日新聞)

 経済産業省は20日、来年の中国・上海万博に出展する日本館の愛称が「紫蚕島(かいこじま)」に決まったと発表した。敷地面積は6000平方メートルで、政府が海外博に出展するパビリオンとしては最大級。中国の協力で実現したトキの繁殖事業を核に、日中交流や日本の風土などを紹介する。


カイコ島かあ・・・。
イメージ的には芋虫というのはうーむという感もありますが、
中国ではカイコは不老不死、紫は高貴さの象徴だそうなのです。

ネーミングの所以は建物で、カイコのマユに似ているからだそうです。
北京五輪のスタジアムが「鳥の巣」と呼ばれたような感じなのでしょうね。

中国館の愛称はなんていうのかな。

愛知博に行ったとき、日本館が
凄く混雑していて見送りました。。

開催国の自国館は一番人気があるのでしょうね。

上海万博の中国館も、きっと大行列なのでしょう。。

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)