FC2ブログ

WEBアプリに新手のDoSリスク

.NET FrameworkやRubyはアップデートを、PHPでは回避策を
広範なWebアプリ開発言語にDoS攻撃につながる脆弱性

情報処理推進機構(IPA)は1月6日、広くWebアプリケーション構築に用いられている開発言語やフレームワークに、DoS攻撃につながる脆弱性が発見されたことを踏まえ、緊急対策情報を公開した。


そうですか・・・。

WEBシステムを作る側としては気になるニュースですが、レンタルサーバなど、環境によってはPHP等のサーバソフトのアップデートを自分では出来ないことも多そうですよね・・・。

実行時間を長くしておかないといけないプログラムもあると思いますから、難しい対応が予想されます・・・。

それにしても・・・、「例外」と「悪意」の想定が必要なくなれば、ソフトウェア開発はどんなにかシンプルで、楽になることでしょうか・・・(^^;)

コメント

No title

>「例外」と「悪意」の想定が必要なくなれば
 if文の無いコードが書けそうです(^^;

Re: No title

> >「例外」と「悪意」の想定が必要なくなれば
>  if文の無いコードが書けそうです(^^;

(笑)ほんと、楽になりそうですね~。
EDを含め、セキュリティ製品も不要になってしまいますけれども・・・(^^;)

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)