FC2ブログ

「世紀の大発見」

追跡かわし続けた「神の粒子」、ついに痕跡発見
物理学者の追跡を最後までかわしてきた素粒子の痕跡がついに見つかった。
欧州合同原子核研究機関(CERN)の研究者が存在の可能性を示したヒッグス粒子。他の素粒子に質量を与える特異な性質から「神の粒子」とも呼ばれ、その発見は現代物理学の基礎である標準理論の正しさを補強する物証となる。


そうなんですか・・・。

こういった方面にはほとんど縁のない私にはイマイチ重要性がわからなかったのですが、本当だとしたら「世紀の大発見」ということですから、きっとそうなんでしょう。

CERNがらみの大発見といえば、ちょっと前にこんな発表がありましたよね。

前回のあれは、どちらかというと、ちゃぶ台をひっくり返すような可能性を秘めていましたが、今回のはちゃぶ台の足をしっかりと補強する可能性を秘めているようですから、物理学者はこちらの方が歓迎なのかもしれません・・・。

ちなみにIT屋さんはどうか、というと、実はCERNってところは、WWW(World Wide Web)が生まれたところでもあるそうですよね。

いうなればCERNは、リアルワールドからサイバーワールドまで、様々な「起源」にゆかりのある機関、といえましょう・・・(^^)。

コメント

No title

>前回のあれは、どちらかというと、ちゃぶ台をひっくり返すような可能性を秘め
>ていましたが、今回のはちゃぶ台の足をしっかりと補強する可能性を秘めている
 なるほど!
 なんと分かりやすい。

 CERNと来ればSpring8。
 どっちも良く分からないけど、頭の良い人が沢山居るイメージ。
 でもボイジャーに比べると地味。

 しかし「質量を与える」ってピンと来ないです。
 質量って与えられなくても有るし・・・こんな感覚じゃとてもじゃないけど物理学者は無理ですね(^^;

Re: No title

>  CERNと来ればSpring8。

そういえば、さらに大きな加速器を作る計画があって、東北も候補地のひとつらしいですね。
経済効果もさぞかしあるでしょうから、ぜひ日本に来てほしいですね!

ちなみにCERNと来れば、CERN Httpdなんちゃって(^^;)

>  しかし「質量を与える」ってピンと来ないです。

ですよね・・・私も全くピンと来ません・・・。(汗)
所与であるはずのことに関係がある・・・神の粒子たるゆえんなのかもしれませんね・・・。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)