マッカーシー氏

「人工知能の父」マッカーシー氏死去
 【シリコンバレー=岡田信行】プログラミング言語「LISP」の開発者で、人工知能(AI)の父とも呼ばれたジョン・マッカーシー・スタンフォード大名誉教授が24日、米カリフォルニア州の自宅で死去した。84歳だった。


先日はC言語の開発者の一人、リッチー氏が亡くなったばかりでしたが、今度はマッカーシー氏ですか・・・。

人工知能の分野ではまさに太祖ともいえる方ですよね。

私はLISPは学校でちょっとさわった程度でしたが、なかなか味わい深い言語だった記憶があります。

文字通り伝説的な世代の方の訃報が続き、大変残念に思います・・・。

コメント

No title

Proxy伝説の作者のアステル君さんってOS作った経験のある日本で数える程しかいないハイスペックなプログラマーだそうですが、OSってトロンのことですかね?日米貿易摩擦でアメリカから圧力をかけられて文部省が尻尾を巻いて頓挫したそうですが、実際WindowsやMacよりずっと優れた製品だったそうですね。

No title

アステル君氏ってこの方ですよね?
http://www.vector.co.jp/vpack/browse/person/an022410.html
たしかにOS実績ありと書いてありますね。
トロンかどうかは私には分からないのですが、凄いスキルの持ち主なのでしょうね!

それにしてもトロンはユニークなOSでしたよね~。
ユビキタス社会の中心となるのではないかと思われたと思います。
推測ですが、もしかしたら、ある種の売り込み戦略というか、普及に欠かせない、標準化競争的な点でうまくいかなかったのかもしれませんね。。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)