FC2ブログ

リッチー氏

CとUNIXの開発者、Dennis Ritchie氏の業績を振り返る
C言語とUNIXの開発者、Dennis M. Ritchie氏が2011年10月12日、逝去した。Ken Thompson氏と共にUNIXを、Brian W. Kernighan氏と共にC言語を開発した偉大な研究者が亡くなった。


「最近亡くなった、世界的に偉大な人物は?」と聞けば、多くの方が「スティーブ・ジョブズ氏」と答えるでしょうね。

ところが、コンピュータの世界の人間、特にそれが「電子計算機」と呼ばれていた時代の方の中には、このリッチー氏を挙げる方も少なくないのではないでしょうか。。

C言語とUNIXの生みの親ということは、iPhoneやMacを含め、今存在するコンピュータ関連機器やソフトウェアのほぼ全ての間接的な生みの親、もとい、先祖のようなものと言えると思います。

今後もソフトウェアは高度に進歩し続けるでしょうが、彼の偉業は、後進によって丹念に塗り重ねられたレイヤーの奥深くで、生き続けることと思います!

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)