FC2ブログ

映画「レッド・オクトーバーを追え!」

この映画は潜水艦ものでは定番ですよね!

旧ソ連の弾道ミサイル潜水艦の艦長(と仕官)が、
新型潜水艦とその秘密ごと西側に亡命せんとする事件が発生、
それを阻止しようとするソ連と、艦長らの真意を知りたい
アメリカ側の3者で、深海を舞台に、微妙な駆け引きが
繰り広げられる、というものです。

昔とてもハマった映画で、中学・高校生ぐらいのころ、
10ぺん以上は見たと思います(^^;)。
きょうWOWOWで午前中にやってましたので超久々に見ました。

5段階おすすめ度:☆☆☆★

最後の★は昔大好きだったので完全な主観ポイントです(^^;)。

潜水艦モノには、特に戦闘シーンを描く時などは、深海だけに、
特撮が欠かせないのですが、CGが当時(90年)の水準なので、
今みると、特撮クオリティ的にはちょっときびしいものがあるかも知れません。。

もっとも、艦内シーン、中でも特に、ショーン・コネリーの艦長ぶりは、
それを補って余りあるもので、音楽もすばらしく、
19年ほど経った今でも良かったです。(^^)

ちなみに私は潜水艦ものが好きなのですが、この作品を含め、
現代の潜水艦が登場する映画で必ずといっても良いほど発生する、
いわゆる「潜水艦戦」、つまり、潜水艦同士が誘導魚雷を撃ち合い、
まるでミサイルでの空中戦のようになるようなことは、
実際はほとんど起こらないらしいですね。(^^;)

もっとも、「イワン・ターン」(索敵法)や、「クレイジー・アイヴァン」(魚雷回避行動)が、
映画や小説の中だけのことと考えるのはちょっと興ざめですので、
隠密裏が基本の潜水艦のこと、実際も戦闘は行われているが、
公に報告されていないのだ、ということにしておきたいと思います。(^^;)

コメント

No title

潜水艦は面白いです。
大好きです。
そう言えば「サブマリン707」ってのを子供の頃に読んでいました。

ちょっと検索したらビデオが出てました。
http://www.sonymusicshop.jp/detail.asp?goods=SVWB000007070

潜水艦はホーミング魚雷とデコイで戦はなくちゃ・・・アスロックやらサブロックは使用禁止ですよねぇ(^^;

No title

潜水艦って漢字も書けないですねぇ。(TT)

No title

>Mooさん

サブマリン707、初めて知りました。
面白そうですね!

か、か、核ですか。。。>サブロック
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF_(%E3%83%9F%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%AB)
こんなの撃たれたらひとたまりもありませんね。。

個人的には、さらに原始的なUボートの時代も大好きです。
「眼下の敵」、大好きな作品の一つです。(^^)

>いやさん

私もとっさに思い出せないかも。。>漢字
最近あまり手書きしないので・・・。(汗)

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)