FC2ブログ

ご利用可能枠

上下両院の採決が焦点=左右両極から不満も-米債務問題 【ワシントン時事】米政府の債務上限引き上げ問題は、オバマ大統領と民主、共和両党の幹部が妥協案に合意したことを受け、デフォルト(債務不履行)回避に向けて上下両院の採決が最後のハードルとなった。投票は1日にも行われる見通し。保守派草の根運動「ティーパーティー(茶会)」の支援を受けた共和党議員が多い下院で速やかに可決できるかどうかが焦点となりそうだ。
 「与野党の議員は正しい行動をしてほしい」-。オバマ大統領は与野党幹部との合意を発表した7月31日の声明で、妥協案への支持を呼び掛けた。


記録的な円高進行の主要要因でもあるこの件、なんとかなりそうでよかったですね。

といっても、デフォルトを回避したいのは与野党とも共通認識だったでしょうから、これはもともと、ぎりぎりまで粘って、相手が先に折れるのを待つ、「チキンレース」のようなものであったと思います。

ただ、この種の駆け引きには不測の事態がつきものですから、なるべくはやい段階で、ハンドルを切って欲しいですよね・・・。

それにしても、債務の上限引き上げというのは、カードでいえば「ご利用可能枠」を引き上げるようなのでしょうから、それを自ら審議するというのは、なんか不思議な気もします・・・。

しかし、財政状況は日本の方が悪いらしいことを考えると・・・

やはり本来は、国家のクレジットにも、このぐらいの自己規律と議論があってしかるべきなのかもしれませんね・・・。(^^;)