FC2ブログ

秋の嵐

徳之島 突風の調査開始 家屋粉々 車も飛ばされ
鹿児島県徳之島町で竜巻とみられる突風のため住宅一棟が倒壊、三人が死亡したことを受け、徳之島署は十九日、地元消防などと計約百人で現地の被害状況を調査、住宅から最大約一・八キロ離れた場所でトタン屋根が見つかった。


今日の横浜は朝から一日中、雨でした。

季節の割には妙に暖かくて、午後には風が出て雨足が強まってきました。

午後3時頃には、既に夕方のように薄暗く、なんとも不気味な天気・・・。

今も時折突風が吹き、まるで冷たい台風のようです。

こちらではようやく紅葉が綺麗になりだしたのですが、この風でかなりの木の葉が落ちてしまったことでしょう。

横浜のこととて、上述の大変お気の毒な災害との関係は不明ですが、最近どうもなんか、気象条件がすきっとしない感じですね・・・。

立冬

列島、ちょっと立冬らしく 向こう1カ月は高温傾向か
8日は暦の上で冬が始まる二十四節気の「立冬」。このところ季節外れの高温が続いていた日本列島は寒気の影響で前日より気温が下がり、広範囲で平年並みの肌寒さ。ただ気象庁によると、この寒さは一時的で12月上旬にかけ平均気温は平年を上回るとみられる。


横浜はここのところ暖かい、というか日中は動くと汗ばむぐらいの気候だったのですが、今日は部屋で作業していると、足先がちょっと冷えてきました。

休み時間にはこの冬初めて、コタツを使用。

おりしもちょうど立冬というわけで、いよいよ本格的な冬に突入という気配です。

上の記事によるとやや暖冬気味なのかなとも思いますが、どうなんでしょうね・・・。

寒くなればヨトウムシの被害も少なくなるでしょうから、白菜にとっては、そろそろ、きりっと冷えた日が必要なように思います・・・。

旭川市で初雪、観測史上2番目の早さ
北海道は3日、寒気が強まり、旭川市では同日午前2時半から20分程度、みぞれが観測され、平年より20日早い初雪となった。


旭川に限らず、今日は朝から冷え込みましたね~。

少々風邪気味なこともあり、上着を2重に羽織って外出しました。

毎年この時期になると、キンモクセイの香りとともに、冷気がスーっと窓から入ってきて、ああ~もう秋も深まったんだな~と感じますが・・・。

今年は、ああ~もう冬か、という感じです(^^;)。

最近は春とか秋のような、中間の季節が、短くなってしまっているようにも感じられますが、これも異常気象の影響でしょうか。

こうなってくると、鍋物が美味しくなってきますので、白菜への注目度もいや増すわけで、寒さに負けずに育って欲しいと思います(^^;)。

猛威

台風15号ですが、今さっき、横浜上空を通過した模様です。

午後からだんだん風雨が強まってきて、17時~18時頃がピークといった感じでした。

いやーーー、それにしても、想像以上にものすごい暴風雨でした・・・。

最大レコード時には、滝のような雨しぶきに混じって、木っ端や各種のゴミがほぼ真横に吹き付けており、かなりの太さの木々が、まるで柳の木のように、風の方向を示してしなっていました。

ベランダでは固定せずに置いてあったほとんどありとあらゆるものが、その重量、形状にかかわらず飛ばされて散乱し、ひどい有様です・・・。

毛虫もなにもかも、すっ飛んでしまったに相違ありません。。

最近横浜では港北で「高線量検出」があったばかりなのですが、放射性物質も、かなり、この風雨で流されたかもしれませんね・・・。

あとは畑が心配ですが、全国的な被害はそれどころではない気もします。

進路上の皆様、くれぐれもご用心下さいませ・・・。

台風15号

台風15号、21日上陸=東海で激しい雨-「最大級の警戒を」・気象庁
 強い台風15号は20日、鹿児島・種子島の南東の海上を北東に進んだ。東海を中心に西日本から東北では21日にかけ、大雨や暴風、高波が続く。豪雨でできた「土砂ダム」がある奈良、和歌山両県でも同日夕まで大雨に警戒が必要。


来ていますね~、台風!

すでに東海などの地域は大変な状況になっているようですし、予報進路では明日にも上陸し、関東、東北と縦断しそうな勢いです。。

一昨日の畑では、いろいろ苗を植えましたし、人参も発芽待ちなので、雨は基本的には歓迎なのですが、土砂降りや暴風雨となると、流石に心配です。

全国的な被害が案じられるのは勿論ですが、自分のところでいえば、ネットが飛ばされたり、ニームオイルが雨で流れなければと思います・・・。