Libretto 30

今日、引き出しを整理していたら、
Libretto 30が出てきました!


Libretto 30


これはもう10年近く前に、
ヤフオクで買ったものです。

なんとも懐かしい・・・。

質量はバッテリ込みで840gと、当時としては恐らく
世界最小・最軽量水準のWindowsノートPCだったと思いますが、
今の水準からしても、かなり軽い印象です。

もっとも、スペックはネットブックに遠く及びません。
CPUはAMDのDX4。ペンティアム100Mhz相当です。
これにメインメモリ8MB、(うちのは増設8Mの計16MB)、
HDD500MBと、既に単位が違う感じです・・・。
今だったらおそらく携帯電話の方が性能良いと思います。(^^;)

ホコリだらけだったのをいくぶんかマシな状態に掃除し、
バッテリはとうにだめになっているので、
ACをつなぎ、恐る恐る電源をいれると・・・。

ちゃんとつきました!日付は90年代になってましたが、
他は当時のままです!さすがは東芝製・・・。(^^)

OSは元々はWindows95だったのですが、
FreeBSDに入れ替えてしまっていました・・・。

だが、このLibretto君、CDROMドライブなどという
高級なものはもちろんのこと、FDDもついていません。
ていうかLANはおろか、モデムすらないのです。
一体全体どうやってOSを入れ替えたのだろう・・・。
(※ちなみにPCM音源もないのです。)

記憶をたどると、どうも、2.5インチHDDを取り外し、
変換アダプタ経由で別のPCに取り付け、
ファイルをコピーしたのだと思います。

当時の私は今より時間と暇が
あったのだなと、ちょっと複雑な
気持ちになりました。(^^;)

ログインしてみると、テキストブラウザ(!)の
Lynxがインストールされていて、
当時の快適なWWW環境ぶりに、
おもわず泣けそうでした。(笑)
(LANは確かPCカードのをつないでいたのだと思います。)

いろいろいじっているうち、
このまま埋もれさせるのはちょっと
もったいない気もしたので、
何かに活用しようかと思います(^^)。